ノンエーを初めて利用する方へ

ニキビに悩んでいる方には薬用ニキビ専用洗顔石鹸NonA.(ノンエー)がおススメ!メディアでも取り上げられ現在注目度が上昇中の商品です。市販されているニキビ用の低刺激石鹸やクリームと比較しても、その泡立ちやきめ細かさが全く違います。公式サイトによれば普通石鹸の約4倍の弾力をもち手を下にしても落ちないのが売りだとか。

無添加でローヤルゼリー・ヒアルロン酸・リピジュアといった栄養・保湿性・保水力を高める成分がたっぷりと含まれており、肌を外的刺激から守ります。

洗顔方法は一般的なものと同様まず手の平にゴルフボール2、3個分の泡を作り、こすらないように顔全体に混ぜるように広げていきます。後はぬるま湯でゆすぎタオルでポンポンと抑えるようにふき取ればいいだけです。

実際手に入れようとした場合公式サイトや楽天などネット通販で販売しています。プライマリー化粧品の商品を初めて購入する場合、初回限定特典のお得なプレゼントが付いてきます。洗顔がはかどる泡立てネット、効果が増幅するローション(10ml)、ニキビに特化した保湿剤ジェル(5g)の3つです。ノンエーは石鹸1つの価格としては高く設定されています。10%off送料無料のお得な3個セットも販売されていますが、まずは1つだけ購入して自分に合うかどうか試してみることをおすすめします。

ノンエーについてはこちら

なかなか手に汗をかくことは少ないと思います

なかなか手に汗をかくことは少ないと思います
私は自由に手汗を書くことが出来ます。
手のひらを卵を持つように丸めて、手のひらの体温で暖かい空気を握るような感覚を保ちつつ、手のひらに汗をかく状態を想像すると、びっしょりとは程遠いですが、しっとりと手に汗をかかせることが出来ます。
最初、小学校の時にこの能力に気付き、鉄棒の授業の時に滑り止めになるように有効活用していました。
社会人になってからは、職場で紙の枚数を数える時などに、このテクニックを役に立たせています。
話は変わりますが、先日、通勤電車に座っていると、突然腹痛が襲ってきました。じっと下を向いて目をつむって耐えるしかなかったのですが、その時自然と両手の手のひらは、この手汗をかくポーズをとっていました。
特に手のひらに汗をかくイメージは想像していなかったのすが、気が付くと身体中に汗をかいていました。
手のひらについては汗の粒が確認できるほど、びっしょりと汗をかいていました。手のひらにあれだけの量の汗をかいたのは初めてでした。
勝手な想像ですが、私は他の人より手のひらの汗腺の穴が大きいのではないかと思っています。
またこの事を「物をつかむ際に落とさないように、物にぶらさがる際に落ちないように」するための人類としての進化ではないのか、と自分のいい様に理解しています。
特にこれから空気が乾燥する冬場を迎えるにあたって、ハンドクリームなぞ無縁ですし、また手汗をかくとそれだけで、何故か少し身体が温まるので重宝しています。
ただ、不便なことが多いので、少しでも手汗の解消に向かっていければいいです。